コーチ陣紹介

前回、中田有紀コーチのプロフィールを紹介しました。
今回は、3名のスクールコーチを紹介します。

“明るく、楽しく、元気よく”

日本選手権入賞クラスの競技歴を持つコーチらとともに、陸上競技からいろんなことを学んでいきましょう!




ゆかりコーチ
木澤由加里コーチ
専門種目:100mハードル(ベスト記録:13秒63)



【主な競技歴】
・06日本選手権6位
・06シンガポールオープン2位
・07日本選手権6位
・07全日本実業団陸上2位
・12年連続で日本選手権に出場


【由加里コーチから】
「18年間の現役選手を終え、今は一児の母です。
日々、こどもの成長を目の当たりにしながら、早い段階から正しい動きを身に付けると言う事は、とても大切な事だと感じています。
身体の動きを自分の思うようにコントロールし表現する「体現」は、私も現役時代に苦労しましたが、とても面白くて やり甲斐のあった部分でもあります。
皆さんが思う存分に様々な動きを経験できるように、サポートしていきます。よろしくお願い致します!」






松澤ジアン成治コーチ
所属:新潟アルビレックスランニングクラブ
専門種目:棒高跳(ベスト記録:5m40)



【主な競技歴】
・13日本選手権4位
・15日本選手権4位
・16日本選手権6位
・16全日本実業団陸上優勝


【ジアンコーチから】
「僕は背はあまり高くありませんが、世界と勝負できる技術と強いメンタルで、多くの身長の高い選手たちを相手にどれだけ高いところが跳べるかを競いあっています。
僕みたいに背が低くても高さや速さにチャレンジしてみたい人、体を自由に扱えるようになりたい人、自分の可能性を広げたい人、一緒にチャレンジしましょう。」






みのりコーチ
田中みのりコーチ
所属:トヨタT&S建設
専門種目:七種競技(ベスト記録:5350点)



【主な競技歴】
・08日本選手権3位
・08日本選抜混成和歌山大会優勝
・09日本選手権2位
・10日本選抜混成和歌山大会優勝


【みのりコーチから】
「陸上競技を始めてはや20年が経とうとしていますが、いまだ勉強の日々を過ごしています。何となく始めた陸上が、今では自分自身を最大限に表現するステージとなっています。沢山の技術を学ぶ度に「もっと早くに知っていれば、更に変われたのかもしれない」と感じることがあります。
この陸上スクールを通じて ”変化していく自分に気づく楽しさ” を感じてもらえればと思います。からだを正しく動かして、陸上競技やその他どんなスポーツでも挑戦できるようにしていきましょう。」



0 Comments

Leave a comment